f:id:rerereflow:20150509135022j:plain

「ウマイ!」とついつい吸ってしまうVAPEですが、電子機器というデリケートな商品ですから、乱雑に扱ってしまったり、毎日酷使し続けると当然故障してしまいます。
そうならないためにも定期的にメンテナンスをしたい所なのですが、どういった手入れを施せば長持ちさせられるのでしょうか?

VAPEの中で最も重要な部分に気を使ってあげることは最低条件でしょう。

つまり、直接熱して煙にする「アトマイザー」を長持ちさせることが、長くVAPEを楽しむためのコツになるわけです。
アトマイザーはリキッドに直接触れる箇所ですから、熱によって焦げ付いたリキッドが付着することで性能を下げてしまいます。
すると、味や香りが弱くなってしまうため、リキッドを熱する時間をついつい伸ばしてしまいがちに。
そのようにアトマイザーを長期に熱する動作を繰り返すうちに、VAPE本体までもが劣化してしまう悪循環に陥るのです…。
また、リキッドの味や香りが移ってしまいますから、別のフレーバーのリキッドに変更したい場合に、前回まで使っていたリキッドのフレーバーが予期せず混じってしまう事も考えられます。
せっかくおニューのリキッドを買ったなら、まずは混ざり気のない単体の味で楽しみたいですよね?
アトマイザーを定期的にメンテナンスしてあげれば、長持ちさせるだけではなく、より美味しいVAPE生活を続けられるのですから、やらない手はありません。

では具体的なアトマイザーの手入れはどうすればいいのでしょうか?
まずは、本体からアトマイザーを取り外します。
また、アトマイザーにリキッドを送るための紐のような部位が装着されているので、それも取り外しましょう。
そしてリキッドの残り液や焦げ付きを洗い流すのですが、ここでどれほど洗浄したいかによって個人の好みが出てきます。
面倒くさがりの人ならば水でササッとすませてしまうこともできます。
ですが、リキッドの味と香りは結構染みついているものなので、最低でもお湯で洗い流してしばらく漬けておくぐらいはしておきたいですね。
ここまでなら道具を揃えなくても家庭で出来る簡単なメンテナンスです。

ただリキッドは厄介なもので、完全に香りを落とすことは難しいです。
ですので「更にクリアな状態に持っていきたい!」となると、さらなる洗浄道具を用意することになります。
その一つがエタノールですね。
これはVAPEのリキッドと一緒に通販で購入してもいいですし、薬局に置いてあるようなものでも構いません。
水と並行してエタノールで洗い流し、そのまま漬けておけば勝手にクリアな状態にしてくれます。
正直、水で洗うよりもラクなので、エタノールをストックしておくことはおススメです!

そしてもう一つの洗浄道具は超音波洗浄器です!
超音波と聞くといかにも凄そうな装置に聞こえますが、何てことはなく、よく眼鏡屋の店頭に置いてあるアレの事を言います。
こちらもただ入れておくことで勝手にクリアにしてくれるので、使い勝手はかなり素晴らしいです。
とは言え店用の大掛かりなものを用意する必要は全くありません。
こちらも通販利用で小型のものが数千円ほどで購入できるので、初期投資として買っておき、今後のメンテナンスをラクラクこなすなんて言うのも賢い選択ではないでしょうか?