f:id:rerereflow:20150509144145j:plain

VAPEの魅力は数多くの味を楽しめるリキッドにあるわけですが、実際に種類を見てみると、把握しきるのは不可能ほどフレーバーに種類があります。
「タバコ味」、「フルーツ味」、「ミント味」は一般的で、市販のリキッドに飽きてしまい、自作リキッドに走る人々にとっても混ぜ合わせの土台として大活躍する、VAPEを代表するリキッドになっています。
そして、それ以外の刺激を求めて面白い味を探し求めていると、ユニークなフレーバーが次々に見つかり、時間があっという間に過ぎ去ってしまいます。
今や千を超える種類に達したとも言われる市販リキッドには、どのようなものがあるのでしょうか?

代表的なモノを挙げると、やはりフルーツ味は外せません。

オレンジ、ストロベリー、マスカットなど、飴によくある味は当然のように網羅されており、ブラックチェリーやラズベリー、スイカといった珍しい味も、フルーツと名が付きさえすれば片っ端からリキッド化されている印象を受けました。
また、ストロベリー&キウイやレモン&ジンジャーといった最初から混合フレーバーとして販売されているリキッドも多く、お気に入りの味が見つかりやすい、VAPE初心者向けのリキッドと言えますね。
どれもスッキリとした吸い口で、「アロマの煙を吸ったらこんな感じだろう」と思うほど心安らぐフレーバーですよ!

VAPE初心者と言えば、タバコからVAPEに流れてきた人にとってはタバコ味が最も気になるところでしょう。
しかし、これは今までの喫煙度合いや、タバコへの愛着で意見が分かれるところです…。
タバコ味としてはマルボロ、ケント、メビウスと人気どころの味を実現させてあるのですが、やはりタバコ葉の独特な味は中々再現しきれないようで、喫煙歴の長い人々からはイマイチな反応もチラホラ返ってきます。
曰く「煙を吸っている気にはなるが、物足りない」であったり、「風味は出せているけど、味は似ても似つかない」などなど。
しかし、元々メンソール風味のタバコが好みの人にはなかなかの好印象なのも事実です。
メンソールタイプのタバコ味リキッドでは、「タバコの中で感じるメンソールらしさが表現できている」といった声を始めとして、「禁煙のためと考えたらこの上なく素晴らしい味だ!」と絶賛する声までありますね。
また、ニコチンの量によって煙の喉越しが大きく変わるため、煙を吸うという行為を追及するのであれば、奥が深いリキッドとも言えるでしょう。

さて、VAPEの魅力を十二分に楽しみたいのならば、手を出さずにはいられないのが変わり種のリキッドですね。
思いついたら即作成!と言わんばかりに種類が増え続けているので、実際に吸ってみないと想像もつかないような味も多く、新商品を見ているだけでも楽しめます。
私が驚かされたものも多いです…。
レッドブル味は最初に知った時には衝撃を受けましたね。
他にもカクテル味、コーヒー味、ミルクティー味と、飲み物系はまだ手を出しやすい気はします。
しかしチョコレートケーキ味、チーズケーキ味、ティラミス味、など完全にお菓子の味がするリキッドは、吸ってみるまで想像がつかない闇鍋的な面白さを感じてしまいます。
珍品を選んで吸ってみて意外に美味しかったら、福袋に当たったかのような喜びが待っているかもしれません。
吸う前にも選んで楽しめるなんて、VAPEは贅沢な趣味ですよね!