f:id:rerereflow:20150509144145j:plain

VAPEの煙の味と香りを決めるのはリキッドです。
では、煙の量を決めるのは?そう、アトマイザーですね!
煙の量は、吸い心地を全く違うものにしてくれるだけではなく、リキッドの味の濃さも全く違う感じ方にしてくれます。
最大限にVAPEを楽しもうとすれば、自ずと煙の量が大きくなるアトマイザーが欲しくなってきます。

もちろん、煙の量を少なくして吸う事にもメリットはあります。

VAPEを吸う1回1回のリキッド少量が少なく済むので、1種類のリキッドを長く使えて経済的です。
また、吸った煙も薄味なので、飽きずに常に同じ味のリキッドを楽しめます。
回数を分けて1日に何度も煙を吸いたい人には、煙が少ないアトマイザーはオススメですね。

とは言え、1度は煙の量が大きなアトマイザーも試して欲しいところ。
特に、煙の量を最大限に高めた「爆煙」アトマイザーは、VAPEの印象すらガラッと変わるシロモノなので、ぜひ挑戦して欲しいです!
煙の量が違うだけなのに、味の濃さが全く違う体験は、1度したらクセになってしまいます。
また、味だけではなく煙も目で見て分かるほど増えるので、吐いた煙を見ているだけで面白いと思えるほど。
そして大量の煙を吸う心地良さもまた、とんでもなく爽快感溢れるモノへ変貌を遂げるので、「爆煙に慣れたら他のモノは煙とは言えない」なんて感想が飛び出てしまう事間違いありません!
弱点としては、リキッドの消費量がかなり多くなりVAPEに掛かる経費が高くなる事と、通常のアトマイザーより負荷が大きいので寿命やメンテナンスに気を遣う事ですね…。

ちなみに爆煙タイプのアトマイザーは、使用しているVAPEのアトマイザーと互換性があれば取り付けられるので、わざわざVAPE本体を再購入する必要はありません。
後買いで爆煙タイプのアトマイザーを購入すれば、すでに使っていたタイプと使い分けできるのです。
普段は煙の量が小さいアトマイザーでVAPEをゆったりと楽しみ、ちょっと刺激が欲しくなったら爆煙タイプのアトマイザーを装着して気分爽快!なんてメリハリある吸い方をできるのも、VAPEならではですね。

また、爆煙タイプに限らず、同じタイプのアトマイザーを数種類購入しておくのもVAPEを楽しむ上では効果的です。
何故かといえば、アトマイザーにはリキッドの残り香がこびり付いてしまうもので、どんなにメンテナンスを頑張っても少しは残ってしまいます。
なので、お気に入りの味が見つかった時には、そのリキッド専用のアトマイザーを用意しておく事で、煩わしい事を一切考えずに楽しむことが出来るようになるのです。
実際、アトマイザーを数種類用意するのは珍しくありませんし、「VAPEの本体はアトマイザーだ!」と言われるほど重要なものですから、予備を兼ねて予め数本用意しておくのもVAPERの嗜みですね!

アトマイザーを買い足す際に注意したいのは、そのアトマイザーが自分の使っているVAPEに互換性があるかです。
これは当然なのですが、もう一つ大事な事があり、使用するバッテリーの電圧に対応しているかの確認も必要です。
特に重要なのが最低電圧で、バッテリーの電圧がアトマイザーを超えると最悪爆発事故(!)になってしまうので、必ず確認しましょう。