f:id:rerereflow:20150509140324j:plain

VAPE購入を考えた際に感じたのは、やはり日本においてVAPEを入手するには、超えるべき壁も多いという思いでした。

VAPEは日本ではまだあまり広まってない以上、購入は通販に頼る形になってしまいます。

また、購入先も海外から直接個人空輸の場合も多いため、どうしても通常の購入に比べて考えるべきことが多いのが難点でした。

私がVAPE購入の際に特に感じたのは以下の点ですね。

 品薄で入手困難の可能性

VAPEはイギリス、アメリカといった国を中心に爆発的に売れているわけですが、そういった国ではVAPEを自国で大量生産しているので、いつでもVAPEを手軽に入手できます。

しかし、日本では電子タバコ業界自体がまだ下火と言わざるを得ず、どうしても自国でのVAPEのストックが少ない現状。

海外から取り寄せでは様々なデメリットがあるため、自国のストックを求めてVAPE情報のたらい回しにされる経験をしました…。

情報が遅れている、間違っている可能性

VAPE通販の海外サイトも、少しずつ日本を対象としたサイトを作り始めていますが、やはり数が少なく情報が不足しがちだと感じました。

実際、私がVAPEを求め始めたときには「VAPEX6」という型が最新式で主流だと通説になっていましたが、実際に購入することになったのは「VAPEX7」という1つ新しい型。

キチンとした情報を仕入れているサイト探しが重要なのは通販の鉄則ですが、主流の場が海外の場合は特に注意が必要ですね。

下手をすれば在庫品を掴まされますよ!

個人空輸のデメリット

日本にあるVAPEストックに見切りをつけ、海外から最新モデルを購入しようと考えもしましたが、これまた厳しい現状を感じました。

まず、本物が届くとは限らないという衝撃の事実!これはVAPEがあまりに人気で、良く似せたコピー商品も多く出回っていることが原因なのですが、いかんせん日本では画面の上でしか確認できず…。

「本物と差異が無いならいいか」と割り切れるならともかく、VAPEを謳って全く違う商品が届くのは我慢なりません。

また、長い距離を運んでいる最中に傷が付いたり故障することも珍しくないので、「新品を買ったはずが、まるで中古品のようだ…」と泣きを見ることも。

もちろん、保障がしっかりしたサイトや、正式な商品であると保証書付きで送ってくれるサイトも見つけられますが、個人的に航空費用を出さなければいけないのと相まって値段もお高くなります。

忘れた頃に届くと言っていいほど時間がかかるのも難点ですね。

調べていてVAPE購入を考え直す状況もあったのですが、私は「楽天市場」を利用して快適なVAPE生活に突入できました。

決め手は圧倒的なレビュー数でしたね。他サイトではせいぜい2桁のコメント(しかも半数は商品不備の不平不満)なのに対し、楽天ではどれも1000件を超えるレビューがあり、なんと10000件レビュー獲得のものまで!

信頼性はダントツでした。値段も海外サイト経由の場合を考えると半額程度に済み、VAPEケースとリキッドのオマケつきと、怖いくらいの対応の良さに大満足でした!