f:id:rerereflow:20150509134929j:plain

電子タバコとして優れた評価を持つVAPEですが、正確にはタバコに分類されていません。
これは、リキッドにニコチンが含まれていないことが多く、タバコの煙とは根本的に違う、水蒸気による煙を楽しむものだからです。
では、電子タバコと言えば他にどのようなタイプがあるのでしょうか?

 日本においても電子タバコの製造はされており、最も有名なものが日本たばこ産業(JT)が販売するPloom(プルーム)です。

これはタバコの葉をライターなどの火ではなく、電気によって加熱することで、タバコの葉に含まれる物質を水蒸化させて煙を吸う仕組みになっています。
その他の電子タバコが元々液体のリキッドを水蒸気化させるのに比べ、Ploomはタバコの葉をそのまま使うため、正式にタバコと分類された喫煙道具なわけです。
正式なタバコであり、日本原産ということも相まって、購入までの手間がやや面倒なのが欠点ですね。
成人確認の書類の提示やサイト登録が必要であり、タバコに分類されるので、煙の基となるカートリッジにも当然タバコ税がかかります。
また、取扱い店も少なく、国産品でありながら基本的には通販に頼るところは電子タバコの悲しい性と言ったものでしょうか…。
実際の吸い心地としては、タバコとVAPEのちょうど中間と言った所でしょう。
タバコの葉を利用しているので、ニコチンその他の織り成すタバコの風味は最大限に引き出されています。
ですが、水蒸気の煙故に煙を吸っている感覚は味わえど、量はやや物足りないという感想が出てしまいますね。
それでも、タバコの代価品としては一級品で、「タバコは止められたけれどPloomにハマってしまった」なんて話も聞きます。
水蒸気の煙なので、煙の臭いが衣服に残ったり、ヤニで部屋が黄ばむといったタバコの欠点はバッチリ解消されます。
健康面に気を使わないのであれば、タバコに替わる嗜好品としては好感触です。

 これを踏まえた上でVAPEに戻ると、なるほどタバコ味に関しては後れを取っている風に見えます。
ですが、リキッドタイプのVAPEを使用する利点も見えてきました。
基本的にニコチンを含まないリキッドが多いため、タバコ税を取られることはまずありません。
日本でもVAPE用のリキッドは販売されていますが、ニコチン入りのものはないので税金云々は考えないで済みます。
となると現状ニコチン入りリキッドは海外から個人輸入するしかないため、やはり日本のタバコ税には引っかからないのです。
タバコの代りにVAPEを吸うようになり、経済的に負担が減るというのは嬉しい利点ですよね。
そして何よりも、電子タバコに求める禁煙効果の高さはPloomよりもVAPEが優れているように思えます。
Ploomの場合、タバコの葉を使用するわけですから、根本的な解決には至らないのですよね…
その点、VAPEは数あるリキッドの1つであるタバコ味をタバコの代りに使い続け、徐々にその他の味のリキッドにシフトしていくことで、自然とタバコを吸わなくなっていくわけです。
ニコチンから離れられない人でも、ニコチン接種の関心がタバコからVAPEへ変わるので、無理なく健康な方向へ進むことができるのです!