f:id:rerereflow:20150417233911j:plain

アメリカやイギリスで人気を得てきたVAPEは、もはや女性にも大人気だそうです。
その理由の一つが何とも予想外で面白いのですが、いったい何だったと思いますか?
女性と言えば、美容やスタイルといった、美に関係するジャンルについて目を光らせているものです。

 しかし、残念ながらVAPEには美容効果はありません…。

ではスタイルに影響するのか?と言われると、実はある点において活躍するのです!
そう、VAPEはダイエットに活用できるというのです!

 これは予想外でしたが、考えてみればなるほど、VAPEでダイエットというのもうなずける話でした。
要するに、甘いものが欲しいときにVAPEを吸うことで、間食を抑えようというのです!
VAPEのリキッドの味は様々で、中には○○ケーキ味なんてフレーバーもあるのですから、好みの甘味風味を選ぶことで満足感は十分得られます。
まさに、目から鱗の新ダイエット方法が誕生したわけですね!

 ダイエットの方法はいくつかありますが、間食を抑えるダイエット法は、満腹感をうまく維持することが秘訣だと言えます。
人間の体の仕組みを利用した面白い方法であり、コツさえ知っていれば、案外簡単に食欲を制限する事は可能です。
まず、人間が感じる満腹感というものは、脳が作り出した感覚なのです。
これは有名な話で、食べ過ぎを防止するために脳が様々な要因を感知して、食欲にブレーキをかけるのです。
そのブレーキが大きければ満腹感を感じますし、ブレーキが緩んでくると小腹が空いた、と感じるわけですね。

 では、VAPEによって期待できる脳のブレーキはどのようなものでしょうか?
まず重要なのは、甘味のあるリキッドを利用して「味覚」を刺激してやることです。
ヒトの味覚は、同じ味を続けて感じ続けると、だんだん味に慣れてくる「飽き」が生じます。この状態になると脳が満腹感の指令を出し、食欲にブレーキがかかります。
甘味というものは刺激が強く、少量でも「飽き」が生じやすいため、VAPEをちょっと吸うだけでも脳が満腹を感じてくれます。
つまり、実際には何も食べていないにもかかわらず、煙による甘味を感じるだけで、満足感と満腹感を感じるというわけです。

 ちなみにニコチン入りのリキッドではもう一つ満腹感を得られる利点が増えますね。
これは「タバコを止めると食欲が増す」と言われる所以であり、ニコチンそのものが脳に直接働きかけることで、満腹を感じる神経が刺激されるせいで起こる現象です。
VAPEに含まれているニコチン量はほんの少量ですから、食欲を抑えるために活用するのもいいかもしれません。

 VAPEで吸う煙は水蒸気ですから、実質カロリーはゼロと言えるでしょう。
つまり、日々の間食をVAPEの煙を吸う事に置き換えるだけで、劇的なダイエット効果が望めるのです!
もちろん、VAPEは多彩な味のバリエーションで満足感を味わえるため、比較的無理なく間食を抑えられる方法だと言えます。
今ではアメリカの代表的なダイエット方法にも選ばれているそうですから、間食が多めの方におススメしても喜ばれるのではないでしょうか?