f:id:rerereflow:20150509144145j:plain

ある程度VAPEに慣れてくると、必ずやってみたくなる事があります。
想像が付くと思いますが、リキッド同士を混ぜ合わせて自分オリジナルのリキッドを作り出すことです!

VAPEで吸うリキッドの味は数多の種類から選び出せるため、特に混ぜる必要もなく新しい味を見つけ出せます。

とは言え、せっかくなら自分で混ぜてリキッドを作る経験はしてみたいですし、自分で完成させたリキッドが美味しいとテンションが上がります。
また、友人とお気に入りのリキッドを持ち寄って集まり、闇鍋よろしく混合リキッド大会を繰り広げるのも中々楽しいです。
やはりVAPEを最大限に楽しむ上では、避けては通れない道に思えます!

では実際、どのようにして混ぜるのがいいのでしょうか?
別段何も用意せずとも、VAPEのタンクに直接2種類のリキッドを加えて混ぜる事で簡単に混合リキッドを楽しむことはできます。
吸いながら調節できるので、お気に入りの味にアクセントを加えたい場合には良い感じにお手軽ですね。

全く新しい味を作りたい時や、ある程度量を作りたい場合は、使い切って空になったVAPEリキッドの空き容器を利用して混ぜ合わせるのが手軽でいいですね。
構造が似ているので、目薬の空き容器なんかを利用しても混ぜやすくていいかもしれません。
注意が必要なのは、用意した容器に前回使ったリキッドの味が残っていると、せっかく作った混合リキッドの味が分からなくなります。
しっかりと味を飛ばしてから使いましょう。

VAPEを愛煙するVAPERによっては、美味しい組み合わせをサイト上で公開してくれる場合もあります。
その場合、細かい分量や割合が分かるでしょうから、マネをしたいと思えばリキッドの分量を正確に量る道具が必要になります。
ですが、ご安心を!
こうした状況もしっかり想定されており、VAPE用の調合キッドが販売されています。
混合リキッド作りを極めたい人は手を出してみてはいかがでしょうか?

さて、実際にどのような味を混ぜれば美味しい組み合わせになるのかは、販売されているリキッドからも予想する事が出来ますね。
混合リキッドで優秀なのはやはりフルーツ味、メンソール味ですね。
フルーツ味のリキッド同士の混ぜ合わせは、市販品として数多く販売されていますし、味を邪魔せずに吸った後のスッキリ感を付け足してくれるメンソールは優秀なサブウェポンとなってくれます。
フルーツ味&フルーツ味、フルーツ味&メンソール味にはハズレ無し!と言えるでしょう。
さらに言えば、メンソール味はよほどの事が無ければプラスに働いてくれます。
極端な話、不味くて吸えないリキッドに当たってしまっても、メンソールさえ混ぜれば吸い切れるほどの緩和力を持っています。
まずは様々な味にメンソール味を盛り込むことが、混合リキッド作成の初級編と言えるでしょう。

無難な組み合わせは美味しいですが、市販で試せるようなものではツマラナイ。
どうせなら刺激的な組み合わせで「オリジナルリキッド」を生み出したいですよね?
それが可能なのがVAPEの醍醐味なわけですし、未知の味を目指してVAPE企業顔負けのリキッドを編み出せたらさぞ嬉しいでしょう。
「プリンに醤油をかけたらウニ味」なんてビックリな味も発見できるやもしれませんよ!